《プロミス》派遣社員・契約社員が借りる方法はこちら

プロミスでお金を借りようとしている人、もしくはすでに利用中の人の中には派遣社員や契約社員の人も多いと思います。プロミスの審査で派遣社員や契約社員だと有利になるのか、それとも不利になるのかは気になるところだと思いますが、勤務形態だけで判断するなら、不利になります。しかし、プロミスでは年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、他社からの借入状況などのポイントが総合的に審査されて融資額が決まりますので、1つのポイントで不利になっているからといって、諦める必要はありません。派遣でも高い収入を得ている場合や、大企業勤務の場合には有利になります。また、プロミスでは金利が年4.5%~17.8%、限度額が10万円~500万円と幅広い貸し出し条件がありますので、無理のない金額を借りるだけならばそう難しいことではありません。アルバイトやパートでも限度額10万円~30万円、金利18.0%のカードローンならあっさりと審査に通ることもあります。なぜ派遣社員や契約社員が不利なのかというと、正社員に比べると期間満了などの理由で失業しやすいからです。また、正社員の場合には退職時に退職金がもらえますが、非正規社員の場合には退職金がない場合がほとんどでしょう。カードローンの審査では、現在の収入だけでなく、将来にわたって継続的に安定した収入が見込めるかどうかも重視されます。限度額が10万円~30万円程度ならば現在に収入があるだけでも審査に通るかもしれませんが、例えば500万円という高額な金額を借りる場合には、返済期間が5年、10年と長期になる場合もあります。このような場合に、審査で5年後、10年後も安定した収入が見込めるかどうかが重要視されることは当然のことでしょう。その意味で、年収が同じであっても正社員のほうが有利になるのです。正社員であっても、会社の倒産などでボーナス、退職金がもらえないケースもありますので、中小企業勤務の場合はやや不利になります。最も有利なのが、倒産することがない国に勤めている公務員です。しかし、派遣社員や契約社員は、アルバイトやパートよりは有利になるのでそう悲観的になることもありません。また、失業保険というセーフティーネットがない自営業や個人事業主と比べても有利です。派遣社員や契約社員の人は、クレジットカードやローンの支払いで延滞をして個人信用情報に傷をつけないように気をつけておきましょう。勤務形態よりも、個人信用情報に延滞記録があることのほうが審査に落ちる原因として多いようです。

カードローン、キャッシングを申し込むなら

人気のカードローンから選ぶ!

  • プロミスで申し込む
  • みずほ銀行カードローンで申し込む
  • モビットで申し込む
  • アイフルで申し込む
  • アコムで申し込む
  • 三井住友カード ゴールドローンで申し込む
  • 三井住友銀行カードローンで申し込む
  • 新生銀行カードローン レイクで申し込む
  • プロミスレディースで申し込む
  • アイフルSuLaLiで申し込む
  • スルガ銀行カードローン リザーブドプランで申し込む

人気カードローンランキング

みんな、どこで借りてる?
申し込み数順!人気のカードローンランキング
申し込み数順!人気のカードローンランキング

アクセスの多い記事

私でも借りれる?返せる?
私でも借りれる?返せる?お試し審査&返済シミュレーション
今すぐ無料でできるお試し審査&返済シミュレーション
初めてのカードローン
初めてのカードローン
お金を借りて返すまでの流れ
銀行がいい?消費者金融がいい?
銀行がいい?消費者金融がいい?
まるわかり徹底比較!自分は結局どっちで借りたらいい?